• 事業案内
  • システム構築 システム開発
  • 取扱製品
  • 企業情報
  • 採用情報
  • 社内広報

取扱製品

Wi-Fi セキュリティ アシュアランス シリーズ『WiSAS』

安全で、快適なWi-Fi 利用社会を実現するために開発された、日本初の統合Wi-Fi セキュリティ・ソリューション

無線ネットワークの脅威
無線ネットワークの脅威

許可されていないにもかかわらず、勝手に持ち込まれる、Wi-Fiルータやスマホなどの無線LANのアクセスポイントが、セキュリティの脅威となっています。

WiSASとは

WiSASは、Wi-Fiセキュリティ専用センサー「WiSASセンサー」と「WiSASクラウド 管理センター」の 2 つのコンポーネントで構成されたフルリモートのマネージドサービスです。

WiSAS の特徴
手間いらずの導入:センサーの電源を入れるだけの簡単設置
運用が簡単:レポートの毎月自動作成&アーカイブ
緊急時にはアラート・遮断:対策まで自動化

全てのサービスは、既存のシステムを変更することなく、手軽に短期間で、導入することが可能です。
また、監視やレポート作成等、全ての運用は自動化されていますので、お客様の手を煩わせません。
さらに、検知だけでなく対策まで自動化できる機能を備えています。

WiSASのシステムイメージ
WiSASのシステムイメージ
WiSAS のソリューション
WiSAS のソリューション

WiSASは、1ショット診断サービスの「診断分析ソリューション」と、常時監視の「常時監視ソリューション」を提供しています。各ソリューションには各々特徴のあるサービスを提供しています。

【WiSAS 診断分析ソリューション】 採用事例

国立研究開発法人
・脆弱性診断:最重要セキュリティエリアで実施。
・上記により、WiSAS常時監視ソリューションも採用。

大手ビジネス・プロセス・アウトソーシング企業(PCI DSS準拠企業
・管理外のポータブルWi-Fiルータ持込を複数検知。
・調査結果として、業務上の機密データを、iCloudにアップロードしていたことが判明。
・上記により、WiSAS常時監視ソリューションも採用。

大手デジタル放送配信会社
・脆弱性診断:従業員が私物スマホのテザリングで会社貸与のPCを利用していることを複数検知。
・脆弱性診断:意図せず有効化されたWi-Fi Direct機器を複数検知。
・無線DoS攻撃分析:無許可のAPによる無線DoS攻撃(BeaconFlood攻撃)を検知。
・位置情報分析:センサーを3台設置し、不正使用機器の位置を特定、排除。
・環境最適化支援:12時間の時系列分析により、時間帯によるAP接続の偏りを検知。

某製造メーカ
・脆弱性診断:内部ネットワークに接続された小型無線APを発見。従業員に賄賂を渡して設置したことが判明。
 産業スパイが介在。

大手Sier
・持ち込まれたWi-Fi機器の検知。
・従業員が私物スマホのテザリングで会社貸与のPCを利用していることを複数検知。
 情報流出の可能性が浮上。
・社内の無線APになりすました、ハニーポットAPの存在を検知し、会社貸与PCの誤接続を
 遮断。

大手データセンター
・最重要監視ポイントのサーバールーム内で、有効化された電話ルータのWi-Fiを検知。
・スマホのテザリングをONにしたままロッカーに預けてセキュリティエリアに入室。そのセキュリティエリア内からロッカーに預けているスマホのテザリングに接続して外部と通信を行っていたことが判明。

WiSASサービスのサービス比較
WiSASサービスのサービス比較
WiSASサービスの費用感
WiSASサービスの費用感
WiSAS のオプション
WiSAS のオプション
ページの先頭へ